LOVEのバナー
人気・実績No1
料金システム:登録無料

普段の生活では出会いがなく、思い切って登録してみました。女の子っぽい外見とは違って、中身は頼りがいがあると思います。でも、ときには誰かに頼りたいときもある~。ひとりの時間を過ごすことにも悲しいことに慣れてきましたが、やっぱり一緒に過ごしていけるパートナーが欲しいです。

詳細はこちら
愛カツのバナー
淫乱人妻多数!
料金システム:登録無料

仕事と家事に追われる毎日にひと時の"癒し"を求めてます。最近、主人が家を空ける事が多くて寂しいんです。心の淋しさを一緒に埋めて入ってくれる人を探してます。

詳細はこちら

劇ポチャ 熟女 不倫 共有


逆援助交際では、お金を貰う立場にある我々男性が、専ら受けに回ることとなります。
「受け」というのは、「責められる」という意味ではなく、「言うことを聞く」という意味です。

たとえば、普通の男女関係では、こんなパターンが普通だと思われます。
実際に会って、デートをし、男性からホテルに誘う。その際、食事代やホテル代の大部分は、我々男性が払うことになります。そしてホテルに入ったら、ここでもまた私たち男性が、その「きっかけ」をつくらなければなりません。押し倒すだとか、キスするだとか、そっと体に触れるだとか、シャワーに誘うだとか。

むろん、女性が男性を誘うこともあるでしょうが、通常の男女関係には、女性ももちろんそうですけども、「男性だからこうすべき」といった偏見的、先入観的なものが存在します。相手女性の人柄によって、この男だから何々というのがいくつか避けられる場合もありますが、ゼロにすることはできないでしょう。

それと違って、逆援助交際では、「男性だから」というのは何もありません。
ただ言うことを聞いていればいいので、相手をホテルに誘ったり、押し倒したりする勇気も必要ありません。デート代もホテル代も、場合によっては交通費も、相手持ちです。

逆援助交際の目的そのものが、「誰にも内緒でセックスを楽しむこと」ですから、待ち合わせ場所がホテルの前ということもあります。
ホテルに入ってからも、私たち男性はお金を貰う側です、すべてを相手にお任せすることになります。

逆援助交際では何をするのか?

逆援助交際では、どんなことをするのか?
それは、人によるとしか言いようがありません。逆援助交際で支払われるお金にも二種類あって、それは、口止め料か、言うことを聞いてくれたお礼かです。

前者の場合、セックスしたという事実を誰にも言わないという約束で手渡されるお金ですから、プレイに特別影響は出てきません。「もうちょっとこうしてほしい」というような、小さなお願いくらいはあるでしょうがね。

逆に、後者の場合、人によって大きくプレイが左右します。
たとえば、ハードなSMプレイを楽しみたいという方もいるでしょう。野外でのセックスを楽しみたいという方もいるでしょう。徹底したオーラルセックスを楽しみたいという方もいるかもしれませんし、自分だけを気持ちよくさせて欲しいという方もいるかもしれませんし、スカトロプレイをしたいという方もいるかもしれません。

もちろん、我々にも、「断る権利」というのはあります。
しかし、それを行使した場合には、報酬は無しになってしまいますけどね。

当日どうにかできるだろうと楽観視するのではなく、メールなどの段階で、何をしたいのか、それに対しどのくらいのお金をくれるのかをはっきりさせ、その時点で「できない」と思うことがあれば、きちんと相手に伝えましょう。
「それはできない、でも、○○ならできる」というふうに、譲歩の姿勢を見せてあげると、交渉もうまくいくものです。

逆援助交際で男性がもらえるお金はどのくらい?

逆援助交際というものが、どうして存在するのか。それは、周りに男遊びを知られたくない女性、自分の欲望を満たしたい女性がいるから、というのは、もうおわかりいただけたかと思います。それに付き合ってくれたお礼として、私たち男性に、お金が手渡されるというわけです。

しかし、ここで気になってくるのは、逆援助交際で支払われるお金の、平均額、相場です。もし今あなたが、逆援助交際をしたら、女性に、いったいどのくらいのお金を貰えるのでしょうか?

ちなみに、男性が買う側である普通の援助交際では、ホテル代別で、15000円から、20000円が相場です。けっこうな額ですよね。これだけのお金があれば、ちょっと良い風俗に行けますよ。ただ、おそらくこの額じゃどこへ行っても本番はできないので、どーしても挿入したいってんなら、わりかし安い料金なのかもしれません。

さて、肝心の逆援助交際の相場ですが、これはですね、実は普通の援助交際よりもちょっと高いんです。大体、20000円から50000円の間ですね。

下限と上限でこれほど差が開いてしまうのは、ほんとに、その男性の容姿、性格によって、支払われる額が変動するからです。

女性への援助額がほとんど統一されている理由

通常の援助交際では、女性たちは、まるでみんなで無店舗型の風俗店を経営しているかのように、足並み揃えて15000円、最近だと20000円という値段を提示しています。

それはおそらく、援助交際の相手を募集している女性が他にもたくさんいるため、価格競争をしなければならないということなんでしょう。それで、他の子が提示しているのと同じ額で自分を売り出す。ホントはもっとたくさん取りたいのだけど、それだと、売れ残ってしまうから・・・。彼女らの心境としてはこんなところでしょうか?価格競争、そして妥協。このふたつの理由により、女性らへの援助額がほぼ統一されたのです。

ただ、思い切ってとんでもない額を請求する子もいるようです。やはり、自分に自信があるとたくさんお金をとりたくなるんでしょうね。

逆援助には相場がない!?

さて、男性の場合だと、状況が若干異なってきます。
まず、逆援助交際そのものが、そもそもあまり表沙汰になっていないこともあり、相場というものが無いんですね。女性は、いくら払うのが妥当なのかわかりませんし、男性も、いくら貰うのが妥当なのかわかりません。

そんなわけで、女性らは、最低限、通常の援助交際で授受されるだけの額、お金を用意し、そのうえで、満足度によって、お礼を上乗せするのです。

そのため、早い話が、イケメン、性格良し、テクあり、これらの男性は――援助交際をする女性よりも――たくさんのお金を稼ぐことができるのです。

人妻が不倫に手を染め、それを繰り返す理由とは?

結婚というのは、その人と一生愛し合い、その人だけを見、支え、支えられ、生きていくことを誓う、神聖なものであったはずです。それが今では、不倫が、ある種の文化として、蔓延しています。私たちが、出会い系サイトで捕まえている人妻も、その、道を外れた者のひとりです。

旦那のことは愛しているはずなんです。セックスだって、しようと思えばできるでしょうし、長年一緒にいるんですから、どこをどうすれば気持ちいいのかもお互いわかっているはずで、それは、他の男とするセックスなんかよりも、断然気持ちが良いはずなのですが。それでも人妻たちは、出会い系サイトを使って、他の男を探します。旦那以外の男とセックスをしようとします。

それは一体なぜなのでしょう。神への誓いを破り捨てたうえ、離婚、慰謝料といったリスクを背負ってまで、他の男とセックスをするなんて、割に合わないことだと思いませんか?

不倫を繰り返す人妻たち

彼女たちも、頭ではわかっているんです。それが、割に合わない行為であると。
しかし、やめられない。一種の中毒のようなものです。もし、彼女らが、初めて使った出会い系サイトで、男に騙され、何かしら、屈辱的な思いをしたのであれば、もう二度と、不倫に手を染めようなどとは思わなかったでしょう。しかし、それがうまくいってしまった。

それもそのはずです、人妻というだけでポイントは高いのに、そのうえタダでヤらせてくれるとなれば、ある意味で「真面目に」セックスを求める男どもが、わんさか寄ってきますからね。何も言わずヤらせてくれるんですから、騙す意味もありません。

そうして初めの一回がうまくいくと、もう止まりません。二回、三回と、彼女らは不倫を繰り返していきます。
これがまた、毎回イイ思いをできるので、中々やめられなくなるんです。

不倫に手を染める理由

そもそも、彼女たちは、どうして出会い系を使おうと思ったのでしょう。
まず考えられるのは、セックスレスです。旦那とめっきりセックスをしなくなってしまったために性欲が溜まり、その捌け口も見つからない。それらが鬱積して遂に堪えきれなくなり、出会い系サイトに手を出してしまう、というパターンです。

もうひとつ考えられるのは、元々性欲が強すぎて、旦那だけでは我慢できないパターン。とにかくセックスがしたくてしたくて、我慢できないんですね。いろんな棒を試し入れしてみたいんです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ